トリキュラーの副作用

このページでは、トリキュラーの副作用について解説していきます。
広く長く使われて、安全性の確認が取れているトリキュラーですが、副作用は皆無ではありません(低用量ピルに限らず、どんな薬でも副作用ゼロということは有り得ません)。
ここではトリキュラーで女性ホルモンを摂取することによって起こる副作用と、副作用が起こり易い体質について、そして副作用が起こった際の注意点をお話致します。
人気・実績ナンバーワン
トリキュラーの通販
トリキュラー
トリキュラーは世界で最も普及している低用量ピルのひとつです。長く、広く使われてきた実績があるため、効果の高さと安全性が確認されている最も安心な低用量ピルの一つです。

主な副作用

マイナートラブル

トリキュラーは「体を妊娠した時と同じ状態にする薬」であるため、つわりと似た症状が起こることがあります。
このような副作用は「マイナートラブル」と呼ばれています。主な症状は以下のようなものです。

  • 頭痛
  • 胸のむかつき、吐き気
  • 下腹痛
  • 胃腸の不調
  • 動悸、息切れ、めまい
  • 乳房の張りや乳首の痛み
  • 不正出血
  • 眠気、だるさ

よく見られるのが、頭痛と吐き気ですが、飲み始めてから日が経ち、体が低用量ピルに慣れてくると自然に回復し、ほとんど気にならなくなります。

これらの症状は、体内のホルモンバランスを安定させるために起きる現象であり、ほとんどがごく軽いもので、通常は1~2ヶ月程度で治まります。
そもそもトリキュラーを始め低用量ピルは、このような副作用が少ないよう、含有ホルモン量を少なくした薬です。体質によっては全く起こらないこともありますので、まずは1~2シート(1~2ヶ月)服用し、様子を見てみることをお勧め致します。
吐き気や頭痛などが起こった時は、無理をせず、体を冷やさないようにしてゆっくり休んで下さい。飲んで3時間以内の嘔吐には注意が必要です。薬が吸収される前に吐いてしまうと、避妊効果が落ちてしまう可能性があります。
3ヶ月以上経っても症状が軽減しない場合は、トリキュラーが体質に合わないことが考えられますので、服用を中止し、医師と相談した上で、ちがう種類の低用量ピルを試してみることをお勧め致します。

重篤な副作用

重大な症状を伴う副作用は、滅多にあるものではありません。しかし、血栓症の初期症状には、十分注意して下さい。
低用量ピルの副作用として、最も気を付けなくてはならないものが血栓症です。
血栓症とは、血の固まりが血管の中に出来て詰まり、血流を止めてしまう病気のことです。血栓は出来た場所によっては命に関わる危険な状況を生み出すことがあります。
有名な「エコノミークラス症候群」は、車の座席などに長時間同じ姿勢で座っていることによって出来た血栓が、肺の動脈まで押し流されていき、そこで詰まってしまい、呼吸困難や心肺停止を起こす恐ろしい症状です。

低用量ピルが血栓症を引き起こすのは何故なのでしょう。
それは、ピルに配合された卵胞ホルモン(エストロゲン)には、血液を固めやすくする作用があるためです。出産時に大量に出血することに、妊娠時の体は備えようとするのです。低用量ピルを服用中の体は妊娠時と類似した状態になっているため、注意が必要です。
低用量ピルは卵胞ホルモン(エストロゲン)含有量が少量に抑えられた作りになっていますが、以下のような症状が見られたら、直ちに服用を中止し、緊急受診して下さい。

  • 息切れ
  • 息を吸う時の鋭い胸の痛み
  • 痛みを伴う脚の腫れ(特にふくらはぎ)
    ※片側に現れやすく、握ると痛みが増します
  • 手足の脱力、痺れ
  • 吐血
  • 突然の激しい腹痛
  • 突然の激しい頭痛
  • 突然の舌のもつれ
  • 視力障害(特に片目のかすみや視野狭窄)
  • 失神

血栓症は、初期症状を見逃さずに即座に対応することが重要です。
普段から「胸が痛い」「動悸がする」「呼吸が苦しい」「冷や汗が出る」「失神する」などの危険信号を見逃さないことが重要です。

また、恐ろしい血栓症ですが、生活態度を改善することでなりにくい体質になることも可能です。血栓症のことをよく知らないままに無闇に恐れて、女性の体を望まぬ妊娠から守るために役立つ薬=低用量ピルまで怖がってしまったら、余りにももったいないというもの。
正しく血栓症を学んで、安全にトリキュラーを生活に取り入れていけたらいいですね。

注意!副作用を起こしやすい体質

副作用の少ない低用量ピルですが、血栓症など命に関わる副作用がまれに起こることがあり、また、それらの副作用を起こしやすい体質というものが存在します。
40歳以上の人、血栓症・乳がんの家族歴のある人、喫煙者(特に35歳以上で1日15本以上の人には処方されません)、肥満度指数(BMI)が30以上の肥満の人、糖尿病、肝障害、心臓病や腎臓病の人、癲癇(てんかん)のある人、軽い高血圧の人は、初回は自己判断のみで通販を利用することなく、医師に相談してみて下さい。

トリキュラーを飲んではいけない人

以下の人は、トリキュラーの使用は厳禁です。

  • トリキュラーの成分に対して過敏症のある人
  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(乳癌、子宮内膜癌など)の人、またはその疑いのある人
  • 子宮頸癌の人
  • 診断の確定していない異常性器出血のある人
  • 血栓性静脈炎の人、および罹ったことのある人
  • 肺塞栓症の人、および罹ったことのある人
  • 脳血管障害の人、および罹ったことのある人
  • 冠動脈疾患の人、および罹ったことのある人
  • 1日15本以上タバコを吸う35歳以上の方
  • 前兆(光が見える、見えづらくなるなど)を伴う片頭痛の人
  • 肺高血圧症又は心房細動を合併する心臓弁膜症の人
  • 亜急性細菌性心内膜炎に罹ったことのある心臓弁膜症の人
  • 血管病変を伴う糖尿病の人(糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症等)
  • 血栓性素因のある人
  • 抗リン脂質抗体症候群の人
  • 手術前4週以内、術後2週以内、産後4週以内の人
  • 長期間安静状態の人
  • 重篤な肝障害のある人
  • 肝腫瘍のある人
  • 脂質代謝異常のある人
  • 高血圧の人
  • 耳硬化症の人
  • 妊娠中の人
  • 妊娠している可能性のある人
  • 授乳中の人
  • 妊娠中に黄疸、持続性そう痒症に罹ったことのある人
  • 妊娠ヘルペスの人、および罹ったことのある人
  • 骨成長が終了していない可能性のある人

トリキュラーの服用に注意が必要な人

以下の人は、服用には注意が必要なので、必ず医師とご相談ください。

  • 40歳以上の人
  • 肥満の人
  • タバコを吸う人
  • 前兆を伴わない片頭痛のある人
  • 家族が血栓症に罹ったことのある人
  • 心臓弁膜症の人
  • 軽度の高血圧(妊娠中の高血圧も含む)のある人
  • 子宮筋腫のある人
  • 乳癌に罹ったことのある人
  • 家族が乳癌に罹ったことのある人
  • 乳房に結節のある人
  • 耐糖能の低下している人
  • 肝障害のある人
  • 心疾患、腎疾患又はそれらに罹ったことのある人
  • てんかんの人
  • ポルフィリン症の人
  • テタニーのある人
人気・実績ナンバーワン
トリキュラーの通販
トリキュラー
トリキュラーは世界で最も普及している低用量ピルのひとつです。長く、広く使われてきた実績があるため、効果の高さと安全性が確認されている最も安心な低用量ピルの一つです。